ビジョン・コンサルティングに転職!年収・評判・難易度を解説

ビジョン・コンサルティングはコンサルティング×新規事業というユニークな事業ポートフォリオを持つ新興ファームである。本記事では、そんなビジョン・コンサルティングの年収や現役社員からのリアルな評判、転職難易度など転職情報を徹底解説していく。

ビジョン・コンサルティングへの転職情報徹底解説

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ビジョン・コンサルティングの年収

ビジョン・コンサルティング年収

上記がビジョン・コンサルティングの役職別・年次別の目安年収である。順調に行けば30歳前後にマネージャーに昇進し年収1000万円前後となるため、高い年収水準と言える。

またビジョン・コンサルティングのコーポレートサイトによると、平均昇給率が10%を超えており、仕事にコミットしていれば自然と年収UPがついてくる環境と言える。ただし、アソシエイトプリンシパル以上になるためには、成果はもちろん10年近くの経験年数なども問われるため、マネージャー昇進後にさらなるステップアップを目指すことの難易度は高い。

▼おすすめの転職エージェント

ビジョン・コンサルティングのリアルな評判

実際にビジョン・コンサルティングに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。ポジティブ・ネガティブな評判の両面が存在するため、ぜひ参考にして頂きたい

▼ビジョン・コンサルティングのポジティブな評判

  • 残業時間が月間で30時間以内とホワイトな環境となっている
  • 基本的に自由主義のため自分の仕事をコントロールしやすい
  • 早ければ5年でマネージャーに昇進できるなどできる人をどんどん昇進させる文化がある

    ビジョン・コンサルティングは会社全体としてホワイトな働き方を志向しており、また社風が基本的に自由主義のため、ホワイトな環境であるという点に多くのポジティブな評判が挙がっている。

    またフェアな評価が行われると共に、積極的に昇進させる文化があるため、高い評価を得ていれば早い人であれば5年程度でマネージャーに昇進し、年収1000万円に到達している人もいるとのことである。

    ▼ビジョンコン・サルティングのネガティブな評判

    • 常駐案件にアサインされると上位者からスキルを盗むことが難しくなる
    • 研修などに力を入れているわけではないため高い自走心が求められる
    • 売上主義のため自身のクライアント単価が高くないと評価を得にくい

      ビジョン・コンサルティングでは常駐案件が多いが、その分上位者からスキルを盗むことが難しく、その点にネガティブな評判が挙がった。さらに、決して研修が充実しているわけでもないため、「自走心任せ」(現役社員Aさん)と言った声も挙がっている。

      また、売上主義の一面もありクライアントの単価が低いと、仮にクライアントから高く評価されていても、社内としては高い評価を得にくい構造となっているようだ。

      ▼おすすめの転職エージェント

      ビジョン・コンサルティングの転職難易度

      結論から言うと、以下の理由によりビジョン・コンサルティングの転職難易度は比較的低いと言える。

      • まだまだ知名度が高くその分競争率も低い
      • 積極的に中途採用を行っておりその分採用ハードルも低い

        速いスピードで成長しているビジョン・コンサルティングだが、コンサル業界の中ではまだまだ知名度が高くないため、競争率はそこまで高くない状況である。また積極的に中途採用を行っており、職種も戦略系、業務系、IT系など幅広いため、その分転職ハードルが低いと言える。

        ビジョン・コンサルティングへの転職を目指す上ではコンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        ビジョン・コンサルティングの激務の実態

        結論から言うと、ビジョン・コンサルティングは激務の多いコンサル業界においてホワイトな環境と言える。

        • 月間の残業時間が約27時間と非常に短い
        • 基本的に自由主義のため、自分の仕事のコントロールは自分でできる
        • 社内からクライアントに対して、無理のないスケジュール調整をお願いしている

          残業が多く激務であるコンサル業界だが、ビジョン・コンサルティングでは残業時間が30時間以内となっている。これはそもそもビジョン・コンサルティングとして働きやすいホワイトな環境を志向して、会社全体として残業を減らすように取り組んでいることが大きい。

          またコンサルティングを行う上ではクライアントのスケジュールに左右されやすいという特徴があるが、ビジョン・コンサルティングは事前にクライアントに無理のない日程を提示し、現場のコンサルタントの負担を減らしているという。会社全体の取り組みにより、ビジョン・コンサルティングは激務ではなくホワイトな環境となっている。

          ▼おすすめの転職エージェント

          ビジョン・コンサルティングの転職でおすすめのエージェント

          コンサル業界は特殊な選考を行うことで有名であり、徹底的な対策が肝になる。そのため、コンサル業界に精通しており、転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

          具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

          おすすめ度:★★★★★

          アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

          Aさん
          (戦略コンサル転職者)
          とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
          また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

          Bさん
          (総合コンサル転職者)
          業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
          他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

          コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事