コンサルに必要なスキル・能力は?資格の必要性も「中の人」が徹底解説

昨今のコンサル人気を受けて、「コンサルタントにはどのようなスキルや能力、資格が求められるか?」「コンサルタントとしてどのようなスキルや能力が身につくか?」といった質問をよく受ける。

本記事では現役コンサルの筆者がコンサルに必要なスキルや能力、資格について解説していく。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサルに必要なスキル・能力の全体像

コンサルに必要なスキルは大きく以下の2つに分けられる。

  • コンサルになるために必要なスキル・能力
  • コンサルとして活躍し続けるために必要なスキル・能力

    コンサルに入るために必要なスキルと、入ったあとに活躍し続けるために必要なスキルは異なる。前者は必要条件、後者は十分条件というような位置づけである。

    それぞれ細かく上げると切りがないが、代表的なもので外せないスキルが以下である。

    consulting-ability

    それぞれのスキル・能力について詳しく解説していく。

    コンサルになるために必要なスキル・能力

    まずはコンサルになるために、すなわち転職するために必要なスキル・能力についてご紹介する。

    コンサルタントになるために、大前提として以下の3つのスキル・能力が求められる。

    また、これらはコンサルトして働いていく中でさらに身につけることができるスキル・能力とも言える。

    • プロ意識(プロフェッショナリズム)
    • 論理的思考力
    • コミュニケーション力

    1. プロ意識(プロフェッショナリズム)

    コンサルになるために必要なスキル・能力の1つ目は「プロフェッショナリズム」である。

    コンサルティングにおいて、要求が高い仕事に対して責任感を持って、より高い価値を提供するということはもちろん、自分の1秒1秒に対してクライアントから報酬を頂いているという自覚を強く持つことが必要になる。

    また、目の前のクライアントに対してより大きな価値を提供するという視点だけでなく、高い職業倫理を持って社会的に有用という視点を持って目の前の仕事に向き合うことが求められる。

    コンサルファームの面接においても、言葉の端々や過去の行動にプロとは呼べない甘い言動がないかという点は厳しくチェックされる。

    2. 論理的思考力

    コンサルになるために必要なスキル・能力の2つ目は「論理的思考力」である。

    自らの経験に基づいて提言を行うグレイヘア型から、様々な情報に基づき提言を行うファクトベース型に時代が移ってから、論理的思考力というのは必須のスキル・能力になった。

    実務経験を乏しいコンサルタントにとって、クライアントに対して価値を提供するために論理的思考力は必須であり、実際の面接でもケース面接を代表とする方法で、候補者の論理的思考力を厳格にスクリーニングしている。

    3. コミュニケーション力

    コンサルになるために必要なスキル・能力の3つ目は「コミュニケーション力」である。

    コンサルタントが解決すべき課題は、クライアントが抱える課題であり、その課題はクライアント自身が一番よく理解している。

    そうした状況において、クライアントから然るべき情報を聞き出し、それを正確に理解する必要がある。

    さらにはコンサルの仕事は提言に価値があるのではなく、クライアントに行動してもらってはじめて価値が出る。そのため、収集した定量・定性情報から、自身の考えを言語化し、相手に誤解がないように伝える、あるいは心を動かす能力・スキルが求められる。

    ▼おすすめの転職エージェント

    コンサルとして長期的に活躍するために必要なスキル・能力

    次に、コンサルとして長期的に活躍するために必要なスキル・能力についてご紹介する。

    筆者は新卒でコンサルファームに入社して、様々な長期的に活躍しているコンサルタントを見てきて、思考力や知見などのハードスキル以前に、以下のようなソフトスキルがより重要だと強く感じた。

    • 人から好かれるスキル
    • 心身のタフネス
    • モチベーションを維持する力

    1. 人から好かれるスキル

    残念ながら、新卒でコンサルファームに入社した筆者の目から見て、コンサルタントは「嫌なやつ」が多い。

    この「嫌なやつ」というのはスキル・能力が高いが故に、その振る舞いを許容されており、実際マネージャーランクまでの昇格は早い傾向がある。

    しかし、人をマネジメントするポジションに付くと「嫌なやつ」では下位メンバーが付いてこなくなってしまう。

    もちろん本人も遅かれ早かれ「人から好かれる力」の必要性を痛感するが、そう簡単に身に付く能力ではなく、また過去の振る舞いというのを周囲は簡単に忘れてはくれない。

    そのためか、マネージャーランクまでの昇格が早かった人とそうでなかった人が、その後の昇格では逆転するというのはよく聞く話である。

    これはマネージャー以降でも同様で、コンサルファームのパートナー候補も昇進に向けて「自分の"好感度"は非常に気にしている」という。

    クライアントから好かれるのはもちろん、少なくともコンサルファームにいる限り、チームでデリバリーすることになるため、社内外から好かれる必要があり、「人から好かれる力」というのが求められる。

    2. 心身のタフネス

    コンサルティングワークは、時にはハードワークが必要になったり、クライアントからの要求の矢面に立ったり、上位メンバーからの激しい詰めにあったりと、心身ともに大きな負荷が掛かる。

    筆者の知人のコンサルタントでも、優秀だと評価されていたのに、こうした負荷によって心身の健康を崩してしまい、コンサルティングファームから去っていくという人が後を絶たない。

    逆に、最初はそこまで優秀だと言われていなかった人でも、こうした大きな負荷に耐え、時間を掛けてスキル・能力を向上させていった結果、今でもコンサルタントとして活躍しているという事例もある。

    コンサルに限らず、社会人人生は長期戦であるからこそ、心身のタフネスという能力は必須になると言っても過言ではない。

    3. モチベーションを維持する力

    コンサルファームでは、テーマ、クライアント、チームメンバーが数ヶ月単位で変わっていく。

    これだけ短期間で変化があると、中には面白くないテーマや非協力的なクライアント、レベルの低いチームメンバーと巡り会うこともある。

    また、短距離走のようなスケジュールでプロジェクトを走り切るため、燃え尽き症候群のようになってしまう人もいる。

    そうした時に、どれだけモチベーションを維持し続けられるかというのが、長期的に活躍できる人とそうでない人との大きな分岐点になる。

    筆者の周囲で長期的に活躍している人は、やはりモチベーション維持に関して自分なり方法論を持っており、それを継続されていた。

    実際、コンサルファームのパートナーA氏からは「自分がここまでやってこれたのは目に見えるスキルや能力が高かったのはではなく、自分のモチベーションを維持する能力が高かったから」という話を聞いたこともある。

    ▼おすすめの転職エージェント

    コンサルに資格は必要ない

    難易度の高いコンサル業界の門を叩くにあたり、「中小企業診断士や簿記の資格を取っておいた方が良いか?」という質問を良く受ける。

    しかし、筆者の知る限り何らかの資格を必要としているコンサルファームは存在しないし、資格があることで選考に有利になるといった話も聞いたことがない。

    コンサルタントは無資格プロフェッショナルを呼ばれており、コンサルになる(=コンサルファームに入社する)上で何かしらの資格を持っている必要はない。

    また、マッキンゼーを作った男としても知られるマービンバウワーが確立したファクトベースの手法により、経営アドバイスに資するような経験も必ずしも必要ではなくなった。

    だからこそ大学を出たばかりの新入社員でもコンサルタントとして価値を出すことができている。

    コンサルファームに入るという視点に立つと、必要なことは資格ではなく徹底した対策である。コンサルファームはケース面接などの特殊な選考をすることでも知られているが、徹底的な対策なくして受かる可能性は非常に低い。

    ぜひコンサル転職に強みを持つエージェントを利用して徹底的に対策を行っていただきたい。

    ▼おすすめの転職エージェント

    コンサル転職におすすめのエージェント

    本記事では、コンサルタントになるために求められるスキル基礎的なスキル・能力と、コンサルタントとして長期的に活躍するために必要なスキル・能力について解説した。

    もちろんこれらは、前提となるスキル・能力であり、各ファームやポジションに応じて、より多くのスキル・能力が求められる。

    そのためコンサルへの転職を目指すなら、コンサル業界に精通しており、ファーム/ポジションごとに求められるスキルや能力を正確に把握しているエージェントを選ぶ必要がある。

    具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

    axis-consulting

    おすすめ度:★★★★★

    アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

    ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

    コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

    fig1-4

    Aさん
    (戦略コンサル転職者)
    とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
    また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

    fig1-4

    Bさん
    (総合コンサル転職者)
    業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
    他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

    consul-tenshoku

    コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事