シンクタンクとは?企業一覧・年収ランキング・激務の実態を解説

シンクタンクは企業の抱えている問題解決などのために、あらゆる調査や研究を行っており、やりがいの大きさや年収の高さなどから激務にも関わらず、非常に人気の高い業界となっている。

そこで今回は、シンクタンクの業務内容や激務の実態、年収などを有名企業一覧を交えながら徹底的に解説していく。

シンクタンクについて徹底解説

シンクタンクへの転職を検討している人は、シンクタンクを含むコンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

シンクタンクとは?コンサルとの違いは?

シンクタンクとは日本語で頭脳集団を意味しており、深い専門知識やその業界のプロフェッショナルが、戦略の立案や現状の研究、分析や市場調査を通じて企業の経営の支援している。

金融機構を母体とし、経済分析や研究を行ったり、システムインティグレーターを兼ね備え、IT分野の研究を行うことがあげられる。

そのため国内の多くのシンクタンクの企業名には、研究所や総研とつく名称が多い。

またシンクタンクとコンサルは非常に近い位置にあり、最終的な目標が企業の課題解決を行っている点では非常に近い職種と言える。

そんなシンクタンクだが、結論から言うと以下の2点がコンサルとの大きな違いだ。

  • シンクタンクでは調査や分析のみを行うが、コンサルはその先の課題解決まで行う
  • シンクタンクは1つの分野に精通した研究が多いが、コンサルは多岐にわたり経営全体を支援する

    このようにどちらも、最終的に経営に対する課題解決をするが、課題解決へのアプローチ方法と最終的にどこまで支援をするかが、シンクタンクとコンサルの違いと言える。

    ▼おすすめの転職エージェント

    シンクタンクの大手企業一覧

    以下はシンクタンクの大手企業一覧になる。

    • 野村総合研究所
    • 三菱総合研究所
    • 日本総合研究所
    • 大和総合研究所
    • 富士通総合研究所
    • NTTデータ経営研究所
    • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
    • みずほリサーチ&テクノロジーズ

    以下はシンクタンク大手企業一覧の中でも業界をリードする3社について特徴をご紹介する。

    野村総合研究所

    野村総合研究所は、業界で最も売り上げが高く、抜群の知名度を誇るシンクタンクである。

    元々は経済分析の業務をメインとして展開していたが、現在ではグループ内にあるIT会社を合併し、売り上げの8割がIT部門となっている。

    また残り2割を担うコンサル部門は非常にレベルが高く、エントリーも東大や京大が中心となっており、内定を勝ち取るのは非常いに難しい。

    三菱総合研究所

    三菱総合研究所は業界2番目の売り上げを誇り、野村総合研究所と並んで圧倒的な知名度を誇るシンクタンクである。

    業務の中心は官公庁案件となっており、その割合は現在7割ほどとなっている。

    また2019年の有価証券報告書によると、シンクタンク・コンサル事業約345億円に対し、ITサービス事業で574億円を記録していることから、IT分野でも非常に成果を上げている。

    日本総合研究所

    日本総合研究所は、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社のシンクタンクであり、IT部門では三井住友グループの案件しか手掛けないという特徴がある。

    また日本総合研究所も非常にIT部門を強みしており、社員の8割はIT部門の所属となっている。

    さらに海外にも拠点を多く設立しており、ニューヨーク、ロンドン、上海、シンガポールとグローバルに展開している。

    ▼おすすめの転職エージェント

    シンクタンクの年収

    シンクタンク_年収

    上記は主要シンクタンクの平均年齢および平均年収である。

    平均年収で見ると野村総研が頭一つ抜け出していることが分かる。

    三菱総研や日本総研についても30-40代で年収1000万円の大台に乗るため、比較的高い水準であることが分かる。

    一方で激務であるシンクタンクにおいて30-40代で年収1000万円に乗るという水準に対して、「割に合わない」と言った声も存在する。

    また、平均年齢では日本が30歳程度と野村総研や三菱総研と比較して若い組織であることが分かる。

    ▼おすすめの転職エージェント

    シンクタンクの年収ランキング

    シンクタンク年収ランキング

    上記は主要シンクタンクについて、openworkにおける平均年収をランキングにしたものである。

    あくまでopenworkにおける回答者平均であるため、正式に開示されている平均年収ではないものの、大きく外れた平均年収にはなっていないため、ぜひ参考にしていただきたい。

    シンクタンクの年収ランキングでは野村総合研究所はトップで990万円となっている。

    次いで三菱UFJリサーチ&コンサルティングが934万円で、以降は平均年収が900万円を切っている。

    また、年収ランキング6位以降の日本総合研究所、富士通総合研究所、みずほリサーチ&テクノロジーズについては平均年収が600万円台となっている。

    ▼おすすめの転職エージェント

    シンクタンクの激務の実態

    結論シンクタンクでは、クライアント企業から成果の高い報告や高度な調査が求めらるため激務と言える。

    • 先述で解説した3社の残業時間が月間50時間以上
    • 研究や調査がメインとなり、日々資料作りに追われる
    • 膨大な知識のインプットが求められる

      シンクタンクでは企業の経営課題など複雑な課題解決を支援するため、まずは多くの情報や知識・スキルをインプットする必要がある。

      そもそもそのインプットに時間がかかることに加え、クライアント自身が課題解決に踏み切るために必要となる成果の高い研究結果の報告なども求められてくる。

      結果的にそれだけの業務量をこなすとなると、労働時間が伸び残業も多くなってしまうため、やりがいは非常にあるものの多くの社員が激務だと感じているのが実態だ。

      ▼おすすめの転職エージェント

      シンクタンクの転職難易度

      シンクタンクは大手コンサルファームと比較すると転職難易度は決して高くないが、それでも他の職種と比べると転職難易度は高い部類に位置する。

      コンサルほどではないが、転職難易度が高いと言われる理由としては以下である。

      • 中途採用で専門的なスキルや、ある特定の業界での経験が必須にされていない
      • 深い研究能力、論理的思考力、課題解力など抽象的な能力を問われる
      • 最終的にはコンサルティングに通じる部分も業務にあるため、結果的にコンサル能力も求められる

        シンクタンクでは多くの企業で深い研究能力や課題解決力など、抽象的な能力が求められている。

        このように書類だけでは判断が難しい条件が多いため、履歴書や職務経歴書の書き方の対策を行えば、比較的書類選考までは突破できる傾向にある。

        しかしその後面接では課題解決能力や論理的思考力などを見定めらる質問などが多くなる。

        そのため、結果的に地頭が良く論理的に物事を考えられる人や特定の分野に長けている人が優位になる。

        一方で、シンクタンクの面接は徹底的に対策を行うことで大きく通過確率を上げることができるため、ぜひシンクタンクへの支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        シンクタンクへの転職でおすすめのエージェント

        前述の通り、シンクタンクへの転職難易度は高いと言える。

        その中でどれだけ徹底的な対策を積めるかが重要になってくる。

        そのため、シンクタンクを含むコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用する必要がある。

        具体的には、シンクタンクを含むコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

        おすすめ度:★★★★★

        アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

        ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

        コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

        Aさん
        (戦略コンサル転職者)
        とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
        また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

        Bさん
        (総合コンサル転職者)
        業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
        他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

        コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

        様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

        上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

        ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

        おすすめの記事