ボストンコンサルティング(BCG)の年収・生活水準をインタビューから徹底解剖

人材輩出企業としても知られるトップコンサルファーム・ボストンコンサルティンググループ(BCG)について、本記事では現役ボストンコンサルティング(BCG)社員へのインタビューを踏まえて年収構造・事情など、様々な視点からボストンコンサルティング(BCG)の年収について徹底解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役ボストンコンサルティング(BCG)社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • ボストンコンサルティング(BCG)の年収(役職、年齢、職種別)
  • ボストンコンサルティング(BCG)と他ファームの年収比較
  • ボストンコンサルティング(BCG)で年収を上げる方法
  • ボストンコンサルティング(BCG)の年収のリアル(生活水準や口コミ)

ボストンコンサルティング(BCG)への転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントおよび、ボストンコンサルティング(BCG)転職大全も参考にして頂きたい。

Contents

ボストンコンサルティング(BCG)の年齢別年収

年齢 年収(目安) (参考)BCGの役職
22~24歳 650~800万円 アソシエイト
24~27歳 800~1075万円 シニアアソシエイト
27~30歳 1500~1700万円 コンサルタント
30~34歳 2100~2300万円 プロジェクトリーダー
34歳~ 3000万円~ プリンシパル
36歳~ 5000万円~ パートナー

上記は、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に大卒で新卒入社した場合の年齢別年収である。

入社後は650万円程度でスタートとなり、20代後半で1,000万円と突破し、30歳になる頃には1,500~1,700万円に到達することになる。

その後も職位を上げれば上げるほど年収は上がり続け、30代半ばで2,000~3,000万円程度となる。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ボストンコンサルティング(BCG)の役職別年収

BCGの役職 年次(目安) 年収(目安)
アソシエイト 1年目~ 650~800万円
シニアアソシエイト 2~4年目 800~1075万円
コンサルタント 4~6年目 1500~1700万円
プロジェクトリーダー 6年目~ 2100~2300万円
プリンシパル 実力による
8年目~(新卒入社の場合)
3000万円~
パートナー 実力による
12年目~(新卒入社の場合)
5000万円~

上記はボストンコンサルティング(BCG)の役職別・年齢別の目安年収である。役職に紐づく形で年収レンジが定められており、年収レンジの中では評価の積み重ねで変わってくる。

アソシエイト

ボストンコンサルティング(BCG)のアソシエイトはコンサルタントやシニアアソシエイトの指示のもと、リサーチ、インタビュー設計・実行など一つのモジュールにおける一業務を遂行することが求められる。

新卒はアソシエイトからスタートする。BCGのアソシエイトは基本給650万円程度からスタートし、別途賞与と残業代が支給される。

シニアアソシエイト

ボストンコンサルティング(BCG)のシニアアソシエイトはコンサルタントになるまでの見習い期間として、プロジェクトリーダーが設計した論点に対しての仮説検証を行うポジションである。

アソシエイトから1.2年、1.9年、2.5年程でシニアアソシエイトに昇進する。

中途採用の場合、第二新卒、競合コンサルファームのマネージャー未満、事業会社の係長レベルがエントリーするポジションである。

シニアアソシエイトから年収が1,000万円を超えるため、高度プロフェッショナル制度を採択するか/しないかを会社から求められる。

ほとんどの社員は高プロ制度を採択しており、その場合、基本給800万+賞与275万が振り込まれる。残業代はシニアアソシエイトからなくなる。

コンサルタント

ボストンコンサルティング(BCG)のコンサルタントはプロジェクトリーダーが設計した論点に対しての仮説検証、モジュールのオーナー、シニアアソシエイト/アソシエイトの育成が求められるポジションである。

MBA卒、競合コンサルファームのシニアマネージャー/マネージャーがエントリーするポジションである。

コンサル未経験者がコンサルタントからエントリーすると苦労することが多い。年収は基本給1,200万+賞与300-500万円となっている。

プロジェクトリーダー

ボストンコンサルティング(BCG)のプロジェクトリーダーは、プロジェクト現場の責任者として全体管理・推進が求められるポジションで、通常一つのプロジェクトに100%の案件稼働が求められる。

コンサルタントからは1.2年/1.9年/2.5年/3.1年のどこかのタイミングで昇進するが、それ以上の期間を超過してしまうと昇進できず会社に居続けるのが色んな意味で厳しくなってくる。

年収は基本給が1,800万円+賞与500~700万円となっており、外資系総合コンサルティングファームのシニアマネージャーを3年以上経験した人がエントリーするイメージである。

プリンシパル

ボストンコンサルティング(BCG)のプリンシパルは複数プロジェクトに参画することが多く、プロジェクトリーダーへの示唆だしやステコミなど重要なマイルストンの際にクライアントフェーシングで登場してくるポジションである。

年収イメージは、基本給2,000万円+賞与1,000万円~で、Tier1の外資系戦略ファームのマネージャーレベルで一定の成果をだした候補者がエントリーするレベルである。

マネージングディレクター&パートナー(MDP)

ボストンコンサルティング(BCG)のマネージングディレクター&パートナー(通称MDP)は、クライアントの最終責任者として日本を代表するCXOレベルの経営者と経営課題解決のプロフェッショナルとしてコンサルティングをする。

またファームの経営という顔をもち、毎年発行される「BCGが読む経営の論点」の著者を会社から依頼されることもある。

年収イメージは、基本給5,000万円+賞与(金額不明)だが、MDP一年目で1億を超えるという噂があり、情報源も限定的なためたどり着いた人しか知りえない境地である。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収制度

ボストンコンサルティンググループ(BCG)はの年収制度は、実力主義の年棒制となっている。

特徴としては基本給が高めに設定されており、年収の上下がボーナスに依存しづらい点があげられる。

目安としては年収1500万円の社員(コンサルタントクラス)で月給が100万円を超える

現役BCG社員A氏

賞与を考慮せずベースサラリーだけで収入を見てもかなり高水準であることが分かる。

また昇給のペースも早いため、20代でも高いパフォーマンスを発揮していれば年収1000万円を軽く突破することができるという。

一方でパフォーマンスが低ければ年収が上がらないだけでなく、ファームに居続けることができないという点は注意しておく必要がある。

ボストンコンサルティング(BCG)の評価制度

ボストンコンサルティンググループ(BCG)ではプロジェクトを管轄するMDP、及び直属の上司(プリンシパル/プロジェクトリーダー)による評価で決定される。

コンサルタントとして求められるスキル(クライントインテラクション、構造化、仮説検証、論点設定、アウトプットの品質など)の評価項目があり、年に2回査定が行われる。

ボストンコンサルティング(BCG)の残業代

ボストンコンサルティンググループ(BCG)の残業代はアソシエイトのみが支給される(厳密には高プロでないシニアアソシエイトにも支給されるが、ほぼ全社員が高プロ採択のためほぼいない)。

09:00-18:00が出勤時間で、18:00以降は残業代が支給される。アソシエイトは原則22:00以降の残業は禁止されている。

東京本社オフィスのゲートも22:00以降出入りができなくなる

現役BCG社員A氏

ボストンコンサルティング(BCG)の賞与

ボストンコンサルティンググループ(BCG)のシニアアソシエイトは固定の賞与(275万円)が振り込まれる。

コンサルタント以上は一定の賞与額に個人のパフォーマンス次第では上乗せされる仕組みとなっている。

また、年間賞与とは別に、Global全体/Regionオフィスの売上が大きい年度は、年に1,2回、全社員に基本給半月/一ヵ月分の特別賞与が支給されることもある。

ボストンコンサルティング(BCG)の中途年収

ボストンコンサルティンググループ(BCG)へ中途入社する場合、年収レンジとしては550~1500万円程度となる。

BCGでは年齢で年収が決まるのではなく、役職によって年収レンジが決められている。

中途入社の場合は「アソシエイト」「シニアアソシエイト」「コンサルタント」のいずれかでの採用となるため、550~1500万円というレンジになる。

下限の550万円の場合は第二新卒、逆に上限の1500万円は総合コンサルファームなどで高いパフォーマンスを発揮していた人などのイメージ感である。

総合コンサルからBCGに転職した方曰く「総合コンサルとBCGでは同じ役職でも年収が大きく異なる。BCGに転職して仕事内容はほとんど変わらないのに年収が1.5倍(1000万円→1500万円)になった」という。

コンサル未経験の場合はどれだけ前職で高いパフォーマンスを発揮していたとしても年収1000万円程度が目安となる。

そのため、30代前半で金融や大手デベロッパー、総合商社からなどからの転職であれば年収が下がる可能性もある。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ボストンコンサルティング(BCG)の生活水準

実際に現役ボストンコンサルティング(BCG)社員複数人にインタビューを行い、生活水準を明らかにした。

アソシエイト、プロジェクトリーダーによって年収が大きく異るため、それぞれに分けてご紹介する。

アソシエイトの生活水準

ボストンコンサルティンググループ(BCG)のアソシエイトの場合、職位内のランクや評価にもよるがおおよそ手取りは45万円程度になる。

大卒でこの水準を貰えるが一人暮らしの場合の生活水準としては以下のようなイメージである。

項目 収入 支出
手取り 45.0万円
家賃 15.0万円
食費 5.0万円
光熱費 2.0万円
通信費 1.0万円
交際費・趣味娯楽費 7.0万円
医療・保険費 1.0万円
衣服・美容費 3.0万円
交通費 0.5万円
雑費 1.5万円
貯金 9.0万円

一人暮らしで手取り45万円ある場合、オフィス近くに12~15万円程度で住むことも可能となり、住環境としてはかなり充実したものを得ることができる。(神田、人形町などが人気のエリアとなっている)

また、趣味娯楽へある程度自由に使えるお金が多く確保できるため、もちろん高級車などは手は出ないものの、身の回りのアイテムを上質なものにしたり、数ヶ月に一度良いスーツやカバン、財布などのアイテムを買うといったことも可能になる。

ボストンコンサルティンググループ(BCG)のアソシエイト(一人暮らし)であれば暮らしに困ることはほとんどなく、また食費に関してもそこまで切り詰める必要はなく、5万円程度使うことができる。

プロジェクトリーダーの生活水準

ボストンコンサルティンググループ(BCG)のプロジェクトリーダーの場合、職位内のランクや評価にもよるがおおよそ手取りは85万円程度になる。

プロジェクトリーダーでも独身の人もいるが、以下では配偶者・子ども(一人)と家族暮らしの場合の生活水準イメージをご紹介する。

項目 収入 支出
手取り 85.0万円
家賃 30.0万円
食費 10.0万円
光熱費 2.5万円
通信費 2.5万円
養育費 5.0万円
交際費・趣味娯楽費 10.0万円
医療・保険費 2.5万円
衣服・美容費 3.0万円
交通費 2.0万円
雑費 2.0万円
貯金 10.5万円

手取り85万円となるとマンションのグレードにこだわって住むことも可能であり、外食などである程度贅沢に使ったとしても金銭に困ることはほとんどない。

総合コンサルのマネージャーの場合だと、東京の練馬区や江東区、江戸川区、23区外に住む人もいることを考えるとこの点が生活水準として大きな違いとして挙げられる。

一方で、ボストンコンサルティンググループ(BCG)で長期的に働くという人は珍しく、中長期的にボストンコンサルティンググループ(BCG)から転職することを考えている人も多い。

そのような人は年収減は免れないため、「あらかじめあまり生活水準を上げない」「しっかりと貯金をしておく」という堅実な人も多い印象である。

ボストンコンサルティング(BCG)と総合ファームの経験者が教える年収の違い

ここではボストンコンサルティンググループ(BCG)社員の中でも総合ファームでの勤務経験がある方に、両者の年収の違いについてお聞きした内容をご紹介する。

BCGの方が総合コンサルファームの年収の1.5倍のイメージです。BCGのコンサルタント職位の年収が総合コンサルのマネージャークラスの年収レンジですね。また、BCGは給与天引きの家賃補助があります。そのため、源泉徴収票に表示される「支払金額」は家賃が控除された金額が表示されるため、納税額を抑えることが可能です。例えば、15万円の家賃の場合、2.5万円/月前後の節税効果があるイメージですね。

現役BCG社員A氏

BCGはプロジェクト次第ではあるが、経費の使い道が幅広い。Taxiは承認なしの経費扱いのためTaxi通勤の社員が多く、業務時間中の食事はTeamメンバとシェアする前提であればプロジェクト経費として落とせます。そのため、平日日中の食事はすべてプロジェクト持ちで自分は一切払わずに高級ランチやディナーを食すことができるので、額面は1,075万円のシニアアソシエイトでも1,600万前後の年収の生活レベルを体感できます。

現役BCG社員E氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

【現役社員が教える】ボストンコンサルティング(BCG)で年収を上げる方法

ボストンコンサルティンググループ(BCG)で年収を上げるには、アソシエイト以外は残業代が支給されないため、職位を上げるのが一番の近道である。

賞与は配属されるプロジェクトや上司の評価など、性格の違いなど運の要素が強いのは否めない。

プロモーションを意識するための戦略や戦術は人ぞれぞれだが、下記内容は一定の社員によって実践されており、多くの社員にとっても共通認識として捉えられていると言える。

現役ボストンコンサルティンググループ(BCG)社員によるリアルな声であるため、ぜひ参考にしていただきたい。

直属の上司に徹底的に気に入られる姿勢をみせること。上司の言うことはひれ伏し、反発することは避ける。ただし、全てを鵜呑みにするのはではなく、自分の意見を主張しつつも、上司の意見を尊重する姿勢が大事。

現役BCG社員A氏

社内で規模の大きいプラクティスエリアやインダストリーカットのプロジェクトにアサインされ続けること。少数精鋭のプロジェクトに従事し続けると、社内でも知名度が広がりにくく、なかなかプロモーションの話がでてこない。できるだけ人数が多く普遍的でジェネラルなコンサルティングスキルを発揮できるプロジェクトに従事することが大事。

現役BCG社員B氏

Internalの行事やイベントに参加し、いろんな人に顔を売ること。社内で定期的に開催される社内向けの発信ミーティングのファシリをしたり、行事イベントに積極的に参加することで縦横の繋がりを持つことが大事。結局、昇進させる側も「全く知らない人」よりも「なんか知っている人」の方があげたくなるのが人間の性。

現役BCG社員C氏

ボストンコンサルティング(BCG)の福利厚生

ボストンコンサルティンググループ(BCG)は外資系企業であるため日系企業と比すると福利厚生の水準は低い。

しかしながら、福利厚生以外の金銭面のサポートが充実しており、福利厚生の水準の低さは気にならない。

以下はボストンコンサルティンググループ(BCG)社員に「実際に活用している福利厚生」についてお聞きした中であがったものである。

  • 家賃補助(毎月の給与から家賃分を天引き)
  • オフィス内にあるディーンアンドデルーカでは、毎月3,000円迄無料で利用可能(未使用でも毎月振り込まれる)
  • アマン東京・アマネムの割引
  • 室町三井タワー内にあるジムは、月4回まで無料で利用可能
  • 本社が室町三井タワーにあるため、三井グループにしか支給されない店舗・レストランのクーポンを無料で得ることが可能

また、筆者としてはBCGの最大の福利厚生は優秀なメンバーと協業できること、ネットワークができることであると言っても過言ではなく、BCG卒業後も「BCG出身者」というブランドが使えることも大きな福利厚生であると言える。

ボストンコンサルティング(BCG)の初任給

ボストンコンサルティンググループ(BCG)の新卒入社時の年収は約700万円前後であり、年収水準が高い他の外資系コンサルファームと比較してもトップクラスの水準となっている。

他ファームの初任給を見ても年収で650~700万円の間であり、BCGの年収水準の高さは一目瞭然となっている。

boston-starting-salary

またBCGは成果主義の評価制度のため、自身のパフォーマンス次第で年収を大きく伸ばすことも可能である。

初年度で700万円と高い年収でありながら、高い評価を得て1~2年後にシニアアソシエイトまで昇進できれば、すぐに1000万円弱という年収水準になる。

BCGをはじめ外資系コンサルファームの特徴でもあるが、厳しい実力世界ではあるものの、自身の努力・頑張りによって年齢に関わらず他業界(一部の除く)では得られないようなスピード・水準で年収を得ることができるのだ。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ボストンコンサルティング(BCG)現役社員が教える年収の"リアル"

高年収で知られるボストンコンサルティンググループ(BCG)であるが、現役ボストンコンサルティンググループ(BCG)社員に現状の年収に対してポジティブ・ネガティブに思うことをお聞きした。

リアルな生の声であるためぜひ参考にしていただきたい。

年収に対するポジティブな声

サラリーマンとしてもらえる給与水準では最高峰だと思います。外資系投資銀行と比較すると下回ってしまいますが、年代サラリーマンのほぼ全員よりは確実に給与水準は高いので、同窓会、結婚式などの場面での旧友との年収バトルでは負けたことがないです笑

現役BCG社員A氏

2022年くらいからBCG Global全社員の給与水準が高まってきている。従来の基本給の1.2倍のイメージ。今後も世界的な物価上昇に伴い、給与水準は上昇していくと思われる。

現役BCG社員B氏

あまり大きな声ではいえないですが、プロジェクトに寄っては経費の使い道が緩いです。食事はもちろんですが、プロジェクトで必要という建前であらゆるアイテムを購入することもできます。そのため、額面以上の生活水準を感じることができます。もちろんアサインされるプロジェクトの予算次第ではありますが…

現役BCG社員C氏

年収に対するネガティブ声

GAFAMと比べると会社の雰囲気にゆとりがなく、同じ年収レンジでも幸福度の違いに劣等感を感じている社員は一定数存在

現役BCG社員A氏

ンサルタント、シニアアソシエイトは時給換算をしたくなくなるほど単価の低さに驚愕するが、プロジェクトリーダー/プリンシパル以上だとようやく金銭面での”うまみ”を実感できると思います

現役BCG社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ボストンコンサルティンググループ(BCG)の年収でよくあがる疑問

ここでは、BCGの年収について、よくあがる疑問を3つピックアップして、ご紹介したい。

MBBの中では最も年収が高いか?

戦略系コンサルティングファームの中で、代表されるMBB(マッキンゼー、BCG、ベインアンドカンパニー)は競合他社となっており、年収に関しても、よく比較される。

そのため、BCGの年収についても、「BCGで働けば、マッキンゼーや、ベインアンドカンパニーよりも高い年収を実現できるか」といった疑問が多いようである。

この点について、現場の社員に話を聞くと、実力次第で可能とのことである。

成果を出し、昇給・昇格を進めていけば、MBBのみならず、コンサル業界の中でもトップレベルの年収を実現できますよ。もちろん、BCGのアソシエイトが、マッキンゼーのパートナーより年収が高いことはありませんが、頑張って昇格していけば、年収は他社より高くなりますよ。

現役BCG社員A氏

働く時間を踏まえると給料は割に合うのか?

BCGは戦略系コンサルであるため、戦略案件が多い。

そのため、残業が多く、時には徹夜せざるを得ない案件もあり、そういった案件は長時間働かなければいけなくなる。

その場合、働いている時間を時給換算すると、バイトくらいの時給になるのではないか、を疑問を持つ人がいるようだ。

実際、そういうことはあるのだろうか。

案件次第では、長く働かないといけない時もあります。しかし、そうであっても、割に合っていると思いますよ。バイトでもらうような実質賃金になるくらい長時間働かないといけないことは、ほとんどありません。少なくとも、私はそんなこと経験したことないので。

現役BCG社員B氏

結果を出せないと年収が下がるか?

BCGは外資系の経営コンサルティングファームであるため、外資系にありがちな「Up or Out」文化が社内であるという噂がある。

そのため、成果を出せない場合は、次年度の給料も減ってしまうことが容易にあると言う。

外資系である以上、ある程度は仕方がない点もあると思うが、実際、どれくらい下がるのか、噂の真相も踏まえて現場の社員に聞いてみた。

「結果を出せなければ、すぐに降格、もしくは、クビになる」なんてことはありません。ただし、賞与は成果で変動しますので、その点は上がったり下がったりすることもありますね。それはプロフェッショナルとして働いている以上、当たり前ですし、その点について文句を言う社員はいません。

現役BCG社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 4,029 times, 5 visit(s) today
おすすめの記事