外資系はやめとけ?しんどい?リアルな後悔や失敗を解説

高年収やグローバルな仕事など華々しいイメージがある外資系企業だが、一方で外資系企業への転職で失敗や後悔をする人も多く存在する。

そこで本記事では、外資系企業が「やめとけ」と言われる理由や、転職して失敗や後悔した事例などを徹底解説する。

外資系の後悔や失敗例を徹底解説

外資系企業への転職を目指すのであれば、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

外資系は「やめとけ」と言われる理由

人気の高い外資系企業への転職だが、一部では以下のような理由から外資系企業は「やめとけ」と言われている。

  • 完全な成果主義
  • 安定性がない
  • 福利厚生の水準が低い

    基本的に多くの外資系企業の評価制度は、個人の成果に基づく実力主義のケースが多い。

    そのため、成果が出ている時は年収が高いが、成果を出せていないと例えば「前年度の半分に減る」こともあり、個人としての安定性に欠ける。

    さらに最悪の場合、結果が出せない時期が続くと、次の日から仕事がなくなるこもあり、UP or OUTの文化が強いという点も「やめとけ」と言われる理由となっている。

    また外資系企業は年収が高い分、退職金や住宅補助などがない企業も多く、福利厚生の水準が低いため収入面以外の不安が残る部分も否めない。

    外資系企業は入社したメンバーを即戦力としてカウントし、教育や研修の制度もない場合もあり、スキルや実績がない状態で入社することが前提の人も「やめとけ」と言われる対象となる。

    このように、華やかなイメージのある外資系企業だが、その裏を返すと個人として自走できない場合はリスクが大きいため、一部では外資系企業への転職は「やめとけ」といった声が挙っているのだ。

    外資系はしんどいのか?

    さらに外資系企業に勤めている社員からも、以下のような理由により、実際にしんどいと言った声が上がっている。

    • 成果を求めることが最優先になる
    • 日々業績とプレッシャーとの戦いになる
    • 全てのことを自分で管理しなければならない

      実力主義の外資系企業では、常に仕事へ全力で取り組み成果を出し続けなければならない。

      そのため自身の成果が出ておらず、目標に到達できる見込みがなければ、夜遅くまで残業をしたり、休日返上で出社せざるを得ない「しんどい」状況になることも珍しくない。

      また、外資系企業では日々成果を出すことに脳内シェアが取られてしまい、休日でも心が休まらず常にプレッシャーと向き合い続けなけらばならないという点も「しんどい」と言われる理由である。

      ある程度裁量を持ち、自分の仕事をコントロールできる一方で、上記のように自分の成果や仕事の進捗は自分で全て管理しなければならないことに関しては、実際に外資系企業に勤める社員でさえも「しんどい」と感じているとのことである。

      外資系でよくある後悔・失敗事例

      筆者の知人や実際の転職者の声を集めると、外資系に転職したものの後悔や失敗した例として以下のようなことがあげられる。

      • 結果が出ず年収が上がらなかった
      • 英語力が足りず仕事が思うよに進められなかった
      • 日々のプレッシャーに耐えられなくなった

      結果が出ず年収が上がらなかった

      実力次第で早期キャリアアップができ、高額な年収を得られる外資系企業だが、それはあくまでも結果を出すことが前提である。

      さらに、外資系企業には自分の実力に自信のある人材や、前職で優れた実績を残した人たちが多く集まっている。

      そのため、自分に自信があり外資系企業に転職をしたものの、思うように成果を出せず期待していたほど年収が上がらないケースも珍しくはない。

      それでも、業務量は多く取り組む仕事のレベルも高いことに加えて、仕事量に対して年収が少ないことから、最終的に転職をして後悔してしまう人も大勢存在する。

      また知人曰く、結果的に成果が出せなかったため、業務量が増えたにもかかわらず年収が前職よりも下がってしまうというケースもあり、転職を後悔・失敗だったと感じてしまう場合もあるようだ。

      英語力が足りず仕事が思うよに進められなかった

      多文化が混じり合い、多国籍メンバーが在籍する外資系企業では英語でのコミュニケーションは必須である。

      そのため、多くの人が語学学習を行ったり、留学経験があったりとある程度自分の英語力に自信をもって外資系を目指す傾向がある。

      しかし、実際外資系に入社して見ると、ビジネスシーンで使う英語が理解できなかったり、仕事の指示を英語で受けても何をすればよいかわからないと言ったように、意思疎通ができない場合がある。

      ただでさえスピード感が求められる外資系において、普段の意思疎通が満足にできないことは致命的で、結果としてコミュニケーションが図れずに、仕事以前に語学力の低さを痛感し失敗だったと後悔するケースも多く見られる。

      日々のプレッシャーに耐えられなくなった

      結果を出し続ければ大きなメリットや優遇を受けられる外資系企業だが、裏を返すと結果が出なければ役職や年収が下がったり、最悪クビになる可能性もある。

      そのため、外資系企業で勤務するのであれば、常に求められるレベルの一個上で成果を上げなければいけない。

      結果的に、成果を出し続けなければいけな現状が大きなプレッシャーとなり、精神的に疲れてしまい転職が失敗だったと後悔する人もいる。

      もし外資系企業へ転職を検討しているのであれば、プレッシャーがあるが高年収も狙える方が良いのか、年収が低くても精神的に安定できるか、自分がどちらを優先しているかを考えてから転職活動を行うことをおすすめしたい。

      それでも外資系が魅力的な理由

      ここまで外資系企業が「やめとけ」や「しんどい」と言われる理由から、実際の後悔・失敗事例まで紹介してきた。

      しかし、筆者としてはそれでも外資系企業への転職は魅力的であると言い切れる。

      なぜならキャリア形成上、外資系企業には以下のような大きなメリットがあるからである。

      • 外資系企業は日系企業よりも年収が高い
      • 外資系企業の方がより若い年齢で大きな権限を得られる

      外資系企業は日系企業よりも年収が高い

      説明するまでもないかもしれないが、そもそも同じ業種・職種で比較した時に外資系企業は日系企業よりも年収が高いという構造がある。

      これは全く同じ仕事内容でも外資系企業の方が年収が高いということを意味する。

      例えば、日系の消費財メーカーで年収1000万円を得ようとすると40代後半から50代になるが、外資系の消費財メーカーでは30歳で年収1000万円をもらっている人も珍しくない。

      外資系企業の方が利益を人材に傾斜配分していること、グローバル全体で高収益を得ていることなどが理由であるが、外資系企業の方が年収が高いというのは間違いない事実である。

      外資系企業の方がより若い年齢で大きな権限を得られる

      年功序列文化のある日系企業と異なり、外資系企業では実力でポジションが決まってくる。

      そのため、必然的に外資系企業の方がより若い年齢で大きな権限を得られることになる。

      若い年齢で大きな権限を得られるということは、ビジネスパーソンとしてより価値のある経験を早いうちに積むことができるということを意味する。

      その結果として自身の成長をより加速させることができるだけでなく、自身の市場価値を見た時により魅力的な人材として転職市場で見られるため、取れる選択肢がより多くなるといことに繋がるのだ。

      ▼おすすめの転職エージェント

      外資系企業への転職でおすすめのエージェント

      外資系企業は高年収でキャリアの箔がつくが、その分転職難易度が高いと言える。

      そのため、必ず外資系企業への転職に実績を持つエージェントに登録する必要がある。

      具体的には、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

      おすすめ度:★★★★★

      Samurai Jobはハイクラス転職において圧倒的な認知と実績を持ち、薦めたい転職エージェントとしてNo.1にも輝いたことがあるJACリクルートメントが展開するサービスで質の高さはお墨付きである。

      独占案件が多いことでも知られているエージェントであるため、Samurai Jobに登録しないと出会えない求人を見つけることができるのだ。

      グローバルや外資系の求人にも強く、総合商社を目指すのであればぜひ登録したい。

      Aさん
      (大手IT⇒外資系IT)
      外資系に転職した知人の中で「ハイクラス転職ならSamurai Jobさん」という圧倒的な認知がありました。
      実際Samurai Jobさんならではの独占非公開求人が多くておすすめできるエージェントです。

      Bさん
      (大手メーカー⇒外資系メーカー)
      複数のエージェントに登録しましたが支援のきめ細かさ、手厚さが圧倒的でした。
      職種に特化したエージェントが担当になってくれるのでアドバイスも的確でした。

      その他に筆者やハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

      転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

      様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

      上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

      ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

      おすすめの記事